まるで流れていく雲が浮かぶ水面を切り抜いたような作品。

土を2種類使い分け、ヒビを入れた中にガラスを流し込んで焼きます。

通常の磁器より高い温度で焼く際に

硝子がぐらぐら煮え立ち、ヒビが浮き沈みして踊ります。

そうして出来上がる作品は一つ一つが

似て異なる存在となります。

 

お菓子や果物、チーズ

この器は豊かなひと時をもたらしてくれそうです。

 

 

≪田中陽子≫

陶歴

1983 神奈川県生まれ

2007 多摩美術大学美術部

   環境デザイン学科卒業

2011 多治見市陶磁器意匠研究所

   セラミックス・ラボコース修了

   金津創作の森 酒器コンペ 入選

2014 第10回国際陶磁器展美濃

   坂崎重雄セラミックス賞受賞

2015 ぎゃらり壺中天にて初個展

2016 第9回現代茶陶展 入選

多治見市内の工房で作陶

 

 

≪サイズ≫

 

120×120mm 厚み10mm

 

※一枚の価格です。

 

 

≪磁器について≫

 

・黒い粒が混ざっていることがございます。

 黒い粒は鉄の成分です。

 

・磁器と硝子を融合させた作品です。

 急激な温度の変化により剥離する恐れがありますので

 熱いものの使用はご注意ください。

 

・電子レンジや食器洗い機のご使用はお避け下さい。

田中陽子 四角小皿

¥4,400価格
  • kita kita shopは店頭販売をメインに活動しております。

    観光地に面していることもあり、ネット上の在庫数と実際の在庫数が常に変動しております。

    ご注文の際に在庫が無い可能性も十分にありますので、

    その都度ご連絡させていただきます。

    どうかご理解のある方のみご購入頂くようお願い申し上げます。