鉄媒染(てつばいせん)とは、

鉄の錆を木の持つタンニン(渋)に反応させることによって

黒く木を染める技法の一つです。

 

ただ、鉄媒染だけでは表面がガサガサに荒れてしまうため

仕上げに摺り漆(すりうるし)を施すことで

機能美を備わったただ一つの器が仕上がります。

 

正円ではなくおにぎりのような形をしています。

一見和食器のようですが、燻製サーモンやアスパラのマリネ

葉物の和え物・チーズ・タルトなど…

黒い背景がぐっと食事を華やかにしてくれますよ。

 

 

≪北奥美帆≫

飛騨に移り住み”とらまめ”として木工をしている作家です。

独創的な発想と確かな技術で、「使える・創作物」を得意とします。

 

≪サイズ≫

 

約180mm×165mm H35mm

 

※一枚の価格です。完全一点もの

 

 

≪ご使用について≫

 

・お手入れは熱いものを避け、

 柔らかいスポンジで撫でるように洗ってください。

 

・使用頻度が高まると漆の表面が薄くなることがございます。

 一枚1000円から塗り直しが可能です。

 

・電子レンジや食器洗い機のご使用はお避け下さい。

北奥美帆 楢の木 鉄媒染の器 A

¥4,400価格
  • kita kita shopは店頭販売をメインに活動しております。

    観光地に面していることもあり、ネット上の在庫数と実際の在庫数が常に変動しております。

    ご注文の際に在庫が無い可能性も十分にありますので、

    その都度ご連絡させていただきます。

    どうかご理解のある方のみご購入頂くようお願い申し上げます。